お客様は初期段階で詰まっている

お客様とズームをしていて
久しぶりに思い出した
コトがあります。

それは、売り手が考えているより
ずっと初期段階で、
買い手が動けなくなっている

コトがある事です。


例えば、

YouTubeをはじめたい
社長がいらしたとして

売り手は
「動画の内容で詰まるかも」
と思いますが

買い手の社長様は
Googleアカウントの作成で
詰まっていたコトがありました。


結婚相談所の販促を
お手伝いした時は

仲人は
「異性との会話につまるかも」
と思っていましたが

会員さんはその前段階の
「異性に会う時の
服選びで詰まっていた」のです。


Googleマイビジネスや
インスタグラムでアクセス数は
あるのに

見込み客が来店しない場合は

上記のような 初期段階で
お客様が不安や抵抗を感じて
先に進めないのかもしれません。

・ 
例えば、ドアが小さくて
店内が見えなくて入店を

躊躇するコトは
私もよくあります。

一度チェックしてみてくださいね。

マーケティングコネクトロボ

(単発ツールだけではなく 導線を!)
藤村しゅん

「住宅、不動産、リフォーム、

塾、車関連販売、飲食店、治療院専門!

Googleマップ集客丸っとパック」

https://peraichi.com/landing_pages/view/meo1

藤村しゅん藤村しゅん MEOコンサルタント

投稿者プロフィール

■■■中小企業・個人事業主のGoogleマイビジネス 運用代行事業

【会員様の実績】
■住宅建築業
小松市 家づくり 2位
小松市 住宅 2位
小松市 注文住宅 3位
小松市 モデルハウス 3位

■車関連事業
柏市 車磨き  1位
柏市 天張り張替え 1位
柏市 カーフィルム 3位

飲食店
たまプラーザ 七五三 食事 1位
たまプラーザ お食い初め  1位
たまプラーザ 懐石料理 1位
たまプラーザ 会席料理  1位

■整体
山梨県 頭痛 整体 1位
甲府市 頭痛 整体 1位
甲斐市 頭痛 整体 1位
南アルプス市 頭痛 2位
山梨県 頭痛 3位

■伊豆高原 賃貸 2位
伊豆高原 賃貸 アパート 3位
伊豆高原 不動産賃貸 4位
伊豆高原 アパート 4位

等々

■■■中小企業へのメディア出演 サポート事業
【会員様の実績】
・NHK6時のニュースなど4媒体(群馬県・ダイビングスクール)
・毎日新聞5段(神奈川県・ケーキ店)
・テレビ愛知、中日新聞など3媒体(名古屋市・ネイルサロン)
・信濃毎日新聞(長野県・ヘアサロン)
・日経新聞、北陸中日新聞(石川県・住宅販売)
・山形新聞(山形県・歯科医)
・テレビ静岡(フジテレビ系列)(静岡県・焼き鳥店)等。

■■■中小企業・個人事業主様への販促事業:
【会員様の実績】
・犬用ケーキの開発、LINEの活用で月商1.5倍(神奈川県 ケーキ店)
・1分YouTubeの大量投稿で数千万円の売上(長野県 移住不動産業)
・仕事量を半分に減らして、売上2倍(静岡県 ダイビングスクール)
・ビジネスモデルの見直し、LINE活用で売上3倍(東京都 治療院)
・動画と葉書の活用で売上2倍、退会者半減(千葉県 学習塾経営)
・動画、無料で新聞に出られる方法で年商1.7倍(函館市 貸し衣装店)
等。

■■■人気講演
■小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル
■0円で新聞TVに出て、集客アップする方法
■ネット全盛だからこそ、逆に効果が絶大!50円はがき戦略セミナー

■■■藤村しゅんのプロフィール:
著者・ビジネスモデル改善コンサルタント ・ 講演家
(「55のビジネスモデル」で売れるビジネスに変身させます)

キャンドルライト株式会社代表取締役。
神奈川県川崎市生まれ。成城大学経済学部卒。

たこ焼き店を4年間経営後、
利益が出なくなり閉店。

その後、
IT業界で12年間システムエンジニアとして、
IBMやhpのプロジェクトに従事。

そこで培ったIT技術とビジネスモデルの研究の
経験を活かして、
「ビジネスモデル改善コンサルタント兼
コピーライター」として起業。

累計3億円の販促売上を達成。

■現在はメディア出演も利用しながら
業績アップのお手伝いをする
「ビジネスモデル作り」の専門家として、
中小企業・個人事業主へのコンサルティング、
セミナーに精力的に活動中。

■著書:
「小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル」(スタンダーズ社刊)はAmazon 中小企業経営部門 1位を獲得。

■経営理念:
「社会貢献型の楽しい経営者を1000人作る。
今だけ金だけ自分だけの経営者を作らない」

キャンドルライト株式会社 代表取締役
〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942
メールアドレス fujimurashun@gmail.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る