私はデビューのスタートから3年以上、 劇場公演の一番後ろの端っこが ポジションだった

AKB総選挙2018のニュースを
インターネットで見ました。

・・・

第三位 HKT「宮脇咲良」さん
HKT(博多)48のリーダーだし、
超美人だし
指原莉乃さんが今回出場しないので、
熱い九州の人たちの票が入ったんだろうな

・・・

第一位 48のリーダー
「松井珠理奈」さん。

総選挙が名古屋ドームで開催だから、
SKE(名古屋の栄)48のリーダーは、
とても有利ですね。

・・・

でも、

第二位のSKE「須田亜香里」さんってどなたですか?」

というのが私の、正直な感想です。

写真 引用元「SKE48 OFFICIAL WEB SITE」
http://www.ske48.co.jp/profile/?id=suda_akari

私、世の中のヒットするものを
30年以上研究しているので、

第二位のSKE「須田亜香里」さんに
興味が湧きましたので、

第2位を受賞した時の、
スピーチを調べてみました。

 

すると、、、

とてつもなく
マーケティングの力のある人だ
分かりました。

(マーケティングというよりも

素晴らしい人柄かもしれませんね)

 

「須田亜香里」さんの第2位受賞のスピーチで、

特に気になったのは3つのセリフです。

1 「世間の人は、そんなに48グループに興味がない」

→ これは、みんながモヤモヤと
思っているけれど、
グループ批判とも取られないので、
普通はグループの人がいるまでは、
言いにくい言葉です。

大勢の方が薄々と感じているけれども、
ちょっと言いにくいことをズバッと言った人に、
人は勇気を感じ、
その人を魅力的と認識するのです。

魅力的な発言をする人に、
人は集まるようになります。

2 「今こそ自分を武器にして個性を出して、
48グループの旗を掲げて戦っていくべき」

→ 旗を掲げて戦おう! というのは、

これは旗印と呼ばれるもので、
旗に行動目標などを書いておき、
目標・主義を意識し続ける習慣化をすること、
仲間を鼓舞する両方の作用があります。

 

目標を掲げて示して
「やりたい人はこの指に止まれ」
という仲間募集のような作用もあります。

熱い志に共感した人が、
彼女の周りに集まるようになります。

優れた鼓舞の言葉です。

 

3 「私はデビューのスタートから3年以上、
劇場公演の一番後ろの端っこが
ポジションだった。

ステージの一番端っこから
スタートした私でも、

よじ登ってくれば
こんなに高いところまで
来られるんだってことを、

これから頑張ろうと思っている
メンバーたちに証明することが
出来たらいいなと思って、

今回私は「一位を目指す」と
言わせてもらいました。

だから、

ステージのはじっこに
今いるメンバーも、

握手会は今は列が短いっていう子も、
ブスだっていわれても、
運営から推されなくたって。

こうやって上がることだって
できるんだ。

覚悟さえ決めれば、
ちゃんとファンの方は
その覚悟に気づいて、

ついてきて応援して
くれるんだってことを、
ちょっとはメンバーに
感じてもらえてたら嬉しいです。」

 

→ これはどん底から這い上がる成功物語
となっています。

これは昨今のヒットした例ですと、

ビリギャル(学年ビリのギャルが
1年で偏差値を40上げて
慶應大学に現役合格した話)

に、とても似ています。

「入会してからずっと
SKEのセンターでした。」
では、人の共感は得られませんよね。

AKBグループのステージは人気があるメンバーほど

ステージの中央に立ちますので、

端っこで踊るメンバーの前にいるお客様は、

目の前の端っこで踊る人よりも、
ステージの中央を見ているものです。

 

つまり、

ステージの端っこで踊るということは、
誰にも見られないで踊っている時間が長く、
モチベーションが落ちやすいと言われています

今回の受賞時の「須田亜香里」さんのスピーチ力と、
言葉の選び方(コピーライティング力)は、
相当な力を感じました。

SKE48須田亜香里 「自己最高位の2位スピーチ全文」:
https://article.auone.jp/detail/1/5/9/76_9_r_20180616_1529154422315187

 

編集後記

実は、2位の「須田亜香里」さんの言葉で
ある言葉が、
私にはとても響きました。

 

それは…

『メディアに出演する場合、
番組の方に興味をもってもらっても、

「あなたはなにができますか?
何を伝えられますか?」

ということを常に問いかけられ、
求められます』

です。

芸能界は美人だらけです。

その芸能界の中で、
他の美人にはできないことを、

バラエティー番組の関係者に
アピールし続けなければならない
厳しい世界です。

男性出演者だらけの
多くのバラエティー番組で、
通常、女性美人枠は1席だけです。

その1枠を取って維持するために、
自分のUSP(独自のうり)を
常にバージョンアップさせていき、

番組関係者に
「こんなことができます」と
アピールしなければなりません。

芸能人とその事務所関係者は、
常にUSPのバージョンアップを
考えてアピールしなければ

席がなくなる
とても厳しい世界だと、
感じました。

須田亜香里さんには
ぜひ、これからも頑張って欲しいです。

藤村しゅん

 

友だち追加
(平日7時のみ、心が軽くなる
3行メッセージを配信中です)

※LINE登録のお礼に「引き金単語集(自己啓発系、
お金稼ぎ系、スピリチュアル系)」を自動返信メールで
即プレゼントしています。

■無料メルマガ
「売れるコンセプトの作り方」(読者8500名)を
お友達にご紹介いただける場合には
こちらからお友達様のご登録をお願いいたします
http://candlelights.info/fujimuraconcept/

■藤村しゅんのブログ
「7次元集客法」
https://honesty.promo/

藤村しゅん

藤村しゅん藤村しゅん MEOコンサルタント

投稿者プロフィール

■■■中小企業・個人事業主のGoogleマイビジネス 運用代行事業

【会員様の実績】
■住宅建築業
小松市 家づくり 2位
小松市 住宅 2位
小松市 注文住宅 3位
小松市 モデルハウス 3位

■車関連事業
柏市 車磨き  1位
柏市 天張り張替え 1位
柏市 カーフィルム 3位

飲食店
たまプラーザ 七五三 食事 1位
たまプラーザ お食い初め  1位
たまプラーザ 懐石料理 1位
たまプラーザ 会席料理  1位

■整体
山梨県 頭痛 整体 1位
甲府市 頭痛 整体 1位
甲斐市 頭痛 整体 1位
南アルプス市 頭痛 2位
山梨県 頭痛 3位

■伊豆高原 賃貸 2位
伊豆高原 賃貸 アパート 3位
伊豆高原 不動産賃貸 4位
伊豆高原 アパート 4位

等々

■■■中小企業へのメディア出演 サポート事業
【会員様の実績】
・NHK6時のニュースなど4媒体(群馬県・ダイビングスクール)
・毎日新聞5段(神奈川県・ケーキ店)
・テレビ愛知、中日新聞など3媒体(名古屋市・ネイルサロン)
・信濃毎日新聞(長野県・ヘアサロン)
・日経新聞、北陸中日新聞(石川県・住宅販売)
・山形新聞(山形県・歯科医)
・テレビ静岡(フジテレビ系列)(静岡県・焼き鳥店)等。

■■■中小企業・個人事業主様への販促事業:
【会員様の実績】
・犬用ケーキの開発、LINEの活用で月商1.5倍(神奈川県 ケーキ店)
・1分YouTubeの大量投稿で数千万円の売上(長野県 移住不動産業)
・仕事量を半分に減らして、売上2倍(静岡県 ダイビングスクール)
・ビジネスモデルの見直し、LINE活用で売上3倍(東京都 治療院)
・動画と葉書の活用で売上2倍、退会者半減(千葉県 学習塾経営)
・動画、無料で新聞に出られる方法で年商1.7倍(函館市 貸し衣装店)
等。

■■■人気講演
■小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル
■0円で新聞TVに出て、集客アップする方法
■ネット全盛だからこそ、逆に効果が絶大!50円はがき戦略セミナー

■■■藤村しゅんのプロフィール:
著者・ビジネスモデル改善コンサルタント ・ 講演家
(「55のビジネスモデル」で売れるビジネスに変身させます)

キャンドルライト株式会社代表取締役。
神奈川県川崎市生まれ。成城大学経済学部卒。

たこ焼き店を4年間経営後、
利益が出なくなり閉店。

その後、
IT業界で12年間システムエンジニアとして、
IBMやhpのプロジェクトに従事。

そこで培ったIT技術とビジネスモデルの研究の
経験を活かして、
「ビジネスモデル改善コンサルタント兼
コピーライター」として起業。

累計3億円の販促売上を達成。

■現在はメディア出演も利用しながら
業績アップのお手伝いをする
「ビジネスモデル作り」の専門家として、
中小企業・個人事業主へのコンサルティング、
セミナーに精力的に活動中。

■著書:
「小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル」(スタンダーズ社刊)はAmazon 中小企業経営部門 1位を獲得。

■経営理念:
「社会貢献型の楽しい経営者を1000人作る。
今だけ金だけ自分だけの経営者を作らない」

キャンドルライト株式会社 代表取締役
〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942
メールアドレス fujimurashun@gmail.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る