横浜中華街の8割のお店が使う、

山田工業所の中華鍋。

 

戦後の道具がない時に

ドラム缶を叩いて作った

中華鍋が発祥です。

 

 

 

金型を使って量産されている

中華鍋と違って

 

一枚の鉄板を約5千回叩いて

作る手間がかかる「プレス方式」で

中華鍋が作られています。

 

 

鉄板が薄さ2mmになるまで

叩かれることで、

 

不純物が叩き出されて

軽さと強度が付きます。

 

 

中華鍋が軽いことは、

料理人の腱鞘炎予防に

なります。

 

中華鍋の強さは、

中華コンロの猛烈に強い

火力を使えるようになるため

 

料理が短時間で仕上がりますし、

炒めたものがシャキッとして

美味しくなります。

 

 

「5000回叩いて中華鍋を作ること」

に、あなたは何を感じましたか?

 

・中小零細企業は、

大手がしたがらない

手間がかかる仕事で生き残れる

 

・鉄も人も叩かれた人は強い

 

・仕事も5000回同じことを

数稽古すれば、上達する

 

などでしょうか。

 

感じ方は、

人それぞれで

いいのです。

 

今は、

ダイバシティー(多様性)の

時代ですからね!

 

山田工業所の5000回叩く鍋

https://serai.jp/item/314270

 

藤村しゅん

 

追伸:

 

セミナーやコンサルや教材は藤村しゅんの
LINEとメルマガで
ご案内をさせていただいております。
 
ご希望の方は下記のURLからご登録くださいね。
↓↓↓

100個の集客方法(無料PDF)のダウンロードはこちら:
https://honesty.promo/100method
 
ビジネスモデル改善コンサルタント 藤村しゅん
好きな言葉:凡事徹底

藤村しゅん

藤村しゅん藤村しゅん ビジネスモデルコンサルタント

投稿者プロフィール

■■■中小企業へのメディア出演 サポート事業
【会員様の実績】
・NHK6時のニュースなど4媒体(群馬県・ダイビングスクール)
・毎日新聞5段(神奈川県・ケーキ店)
・テレビ愛知、中日新聞など3媒体(名古屋市・ネイルサロン)
・信濃毎日新聞(長野県・ヘアサロン)
・日経新聞、北陸中日新聞(石川県・住宅販売)
・山形新聞(山形県・歯科医)
・テレビ静岡(フジテレビ系列)(静岡県・焼き鳥店)等。

■■■中小企業・個人事業主様への販促事業:
【会員様の実績】
・犬用ケーキの開発、LINEの活用で月商1.5倍(神奈川県 ケーキ店)
・1分YouTubeの大量投稿で数千万円の売上(長野県 移住不動産業)
・仕事量を半分に減らして、売上2倍(静岡県 ダイビングスクール)
・ビジネスモデルの見直し、LINE活用で売上3倍(東京都 治療院)
・動画と葉書の活用で売上2倍、退会者半減(千葉県 学習塾経営)
・動画、無料で新聞に出られる方法で年商1.7倍(函館市 貸し衣装店)
等。

■■■人気講演
■小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル
■0円で新聞TVに出て、集客アップする方法
■ネット全盛だからこそ、逆に効果が絶大!50円はがき戦略セミナー

■■■藤村しゅんのプロフィール:
著者・ビジネスモデル改善コンサルタント ・ 講演家
(「55のビジネスモデル」で売れるビジネスに変身させます)

キャンドルライト株式会社代表取締役。
神奈川県川崎市生まれ。成城大学経済学部卒。

たこ焼き店を4年間経営後、
利益が出なくなり閉店。

その後、
IT業界で12年間システムエンジニアとして、
IBMやhpのプロジェクトに従事。

そこで培ったIT技術とビジネスモデルの研究の
経験を活かして、
「ビジネスモデル改善コンサルタント兼
コピーライター」として起業。

累計3億円の販促売上を達成。

■現在はメディア出演も利用しながら
業績アップのお手伝いをする
「ビジネスモデル作り」の専門家として、
中小企業・個人事業主へのコンサルティング、
セミナーに精力的に活動中。

■著書:
「小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル」(スタンダーズ社刊)はAmazon 中小企業経営部門 1位を獲得。

■経営理念:
「社会貢献型の楽しい経営者を1000人作る。
今だけ金だけ自分だけの経営者を作らない」

キャンドルライト株式会社 代表取締役
〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942
メールアドレス fujimurashun@gmail.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る