https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190308-00557880-shincho-bus_all

今回は、セブンイレブン「朝限定 おにぎり2個200円」

に関する上記記事について、

感じたことを書きます

 

<セブンイレブン「朝限定 おにぎり2個200円」のビジネスモデル>

・ターゲット客を変える – 今までの朝セブン(朝限定で一部のパンとドリンクを割引)と違う客層としてキャンペーン対象の客層を50代以上に絞っている

・集客商品と収益商品を分ける – おにぎりと牛乳や新聞など

・アウトソーシング – アルバイト中心のオペレーション

・家元制度 – フランチャイズで組織拡大

・限定性 – AM4-11に絞って、おにぎり2個200円の低価格なキャンペーン

・支払い方法を増やす – 現金以外の支払い方法(キャッシュカードや電子マネー)

・パッケージ販売 – 複数の商品を1つのパッケージにまとめて販売する(2個なら200円)

・メディア露出を狙う – TVなどでキャンペーンCM

・値付けの見直し – 商品・サービスの単価を見直し。おにぎり2個なら200円。

・クロスセル(関連する商品を販売)ー店内にある惣菜、飲み物、新聞、雑誌などで利益率アップ

 

10個のビジネスモデルが

巧みに組み合わさっています。

 

さすが王者のセブンイレブンの

マーケティングです。

 

 

私はあるコンビニ(セブンイレブンではありません)で

30年近く前に

3年間アルバイトをしていました。

 

その時にレジには

10個のボタンがありました。

 

10代以下男性、20代男性、30代男性、

40代男性、50代以上男性。

10代以下女性、20代女性、30代女性、

40代女性、50歳以上女性。

と言うボタンでした。

 

30年程前の当時、

ほとんどの場合20代男性、30代男性、

20代女性、30代女性のボタンを

会計時にレジで押していました

 

つまり、

若めの人ばかりがコンビニを

利用していたのです

 

それが30年ほど経って、

当時20代30代だった方が50代60代となり

コンビニを利用しています。

 

そのような中高年以上の方を

(たぶん)ターゲットにしている

今回のおにぎり2個で200円キャンペーンは、

とても興味深いです

 

 

また、私はコンビニで深夜のアルバイトも

していたことがあります。

 

2名体制でアルバイトを

するのですが午前4時台と

言うのはお客様がゼロから2人でした。

全然儲からない時間なのです。

 

午前4時台と言うのは

アルバイトのひとり目の人が

当日に配送された新聞や

雑誌等を棚に並べていく。

 

もう1人が牛乳などの

重い飲料を棚に並べていく。

 

レジにお客様が来た場合には、

2名のうちどちらかがレジに飛んでいく。

 

そんな体制で作業していました。

 

ですので

今回の朝4時からのおにぎり2個200円セールは

ちょっとアルバイトの人には

作業負担が高くなるかもしれません。

 

(今は人材難ですので負担増で

深夜のアルバイトに辞められると

中々次のアルバイトが見つからないために

オーナーなどが深夜勤務をする

お店もあることでしょう。)

 

ただ、50代から80代の人にとって

健康志向の今、朝の散歩をしながら

 

コンビニに寄っておにぎりを買って帰るのは

良い健康習慣になり、

国の医療費の削減になる可能性があります。

 

私がアルバイトをしていた頃も

朝の6時台になると70代80代の方が

パンやおにぎりなどを買って

アルバイトの私たちと一言交わして帰っていく。

 

そんな微笑ましい

朝の光景もありました。

 

今回のおにぎりセールで

朝に散歩をしてコンビニに寄る

と言う習慣ができれば、

 

セールが終わった後にも

高齢者が継続して来店してくれる

可能性が高まります

 

また、集客商品であるおにぎり2個200円を手に持ち、

コンビニにある他の商品(ドリンクや雑誌)も

クロスセル(関連商品の販売)として購入し

客単価が上がっていくと思います

 

「コンビニに寄ると言う習慣付け」と

「おにぎりは集客商品で他の同時購入商品で

客単価を上げる」のためにに

このセールは行われているのではないでしょうか

 

音声版はこちら:

ビジネスモデルサイエンティスト

藤村しゅん

 

友だち追加

■ニックネームのご質問もOK!!。売れるコンセプトやビジネスモデルについて、LINEで気軽に聞いてみる。

※LINE登録のお礼に【100個の集客方法】と【あなたの話は興味深い!と言われる人を惹きつける引き金単語集】を自動返信メッセージで即プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40rnd6513u

 

藤村しゅん

藤村しゅん藤村しゅん MEOコンサルタント

投稿者プロフィール

■■■中小企業・個人事業主のGoogleマイビジネス 運用代行事業

【会員様の実績】
■住宅建築業
小松市 家づくり 2位
小松市 住宅 2位
小松市 注文住宅 3位
小松市 モデルハウス 3位

■車関連事業
柏市 車磨き  1位
柏市 天張り張替え 1位
柏市 カーフィルム 3位

飲食店
たまプラーザ 七五三 食事 1位
たまプラーザ お食い初め  1位
たまプラーザ 懐石料理 1位
たまプラーザ 会席料理  1位

■整体
山梨県 頭痛 整体 1位
甲府市 頭痛 整体 1位
甲斐市 頭痛 整体 1位
南アルプス市 頭痛 2位
山梨県 頭痛 3位

■伊豆高原 賃貸 2位
伊豆高原 賃貸 アパート 3位
伊豆高原 不動産賃貸 4位
伊豆高原 アパート 4位

等々

■■■中小企業へのメディア出演 サポート事業
【会員様の実績】
・NHK6時のニュースなど4媒体(群馬県・ダイビングスクール)
・毎日新聞5段(神奈川県・ケーキ店)
・テレビ愛知、中日新聞など3媒体(名古屋市・ネイルサロン)
・信濃毎日新聞(長野県・ヘアサロン)
・日経新聞、北陸中日新聞(石川県・住宅販売)
・山形新聞(山形県・歯科医)
・テレビ静岡(フジテレビ系列)(静岡県・焼き鳥店)等。

■■■中小企業・個人事業主様への販促事業:
【会員様の実績】
・犬用ケーキの開発、LINEの活用で月商1.5倍(神奈川県 ケーキ店)
・1分YouTubeの大量投稿で数千万円の売上(長野県 移住不動産業)
・仕事量を半分に減らして、売上2倍(静岡県 ダイビングスクール)
・ビジネスモデルの見直し、LINE活用で売上3倍(東京都 治療院)
・動画と葉書の活用で売上2倍、退会者半減(千葉県 学習塾経営)
・動画、無料で新聞に出られる方法で年商1.7倍(函館市 貸し衣装店)
等。

■■■人気講演
■小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル
■0円で新聞TVに出て、集客アップする方法
■ネット全盛だからこそ、逆に効果が絶大!50円はがき戦略セミナー

■■■藤村しゅんのプロフィール:
著者・ビジネスモデル改善コンサルタント ・ 講演家
(「55のビジネスモデル」で売れるビジネスに変身させます)

キャンドルライト株式会社代表取締役。
神奈川県川崎市生まれ。成城大学経済学部卒。

たこ焼き店を4年間経営後、
利益が出なくなり閉店。

その後、
IT業界で12年間システムエンジニアとして、
IBMやhpのプロジェクトに従事。

そこで培ったIT技術とビジネスモデルの研究の
経験を活かして、
「ビジネスモデル改善コンサルタント兼
コピーライター」として起業。

累計3億円の販促売上を達成。

■現在はメディア出演も利用しながら
業績アップのお手伝いをする
「ビジネスモデル作り」の専門家として、
中小企業・個人事業主へのコンサルティング、
セミナーに精力的に活動中。

■著書:
「小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル」(スタンダーズ社刊)はAmazon 中小企業経営部門 1位を獲得。

■経営理念:
「社会貢献型の楽しい経営者を1000人作る。
今だけ金だけ自分だけの経営者を作らない」

キャンドルライト株式会社 代表取締役
〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942
メールアドレス fujimurashun@gmail.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る