先日、見たのが、
光とあてると色が変わる
ファッション。

===

黒い生地に光を当てると
柄が浮かび上がる服は、

暗闇の中でカラフルな
ものが現れるような、

はっとするようなきれいさを
再現したデザインです。

彼の作品は、このような日常で
何度も目にしているような現象を、
非日常的に表現することをテーマ
にしながら、

シーズンごとに
作品を発表しています。

<引用> M(すべてのものを、
ものづくりの視点から)より。
https://www.slash-m.jp/gazette/anrealage/

===


私たち日本人は、小さな頃から
ウルトラマン、仮面ライダー、
セーラームーンなどを見て、

変身に憧れる刷り込み教育を
されています。


ですので、例えば家では
白いTシャツを着ている子供が

光を当てられるとアンパンマンや
機関車トーマス等の

キャラクターに変身できる

などとすれば、この商品は
ビッグヒットしそうです。


変身した時に声を出して、
自分も周りも喜ぶのは、

子供が、1番反応が高いと
感じるからです。

==========


今日のビジネスのヒント

人には非日常になれる、
変身願望があります。
貴社では非日常感を味わえる
商品・サービスを提供していますか?

追伸:

■LINEでは「集客100の方法」など
5大登録プレゼントを
しております。ぜひご登録を:
http://nav.cx/7jeKaKf

■貴社がTVや新聞に出て広まりやすいかの
無料診断はこちらからどうぞ
(調査して 1週間以内に
ご返信させていただいております)
https://honesty.promo/mediabrand

■スポットコンサルティングについては
こちらから:
https://honesty.promo/con

■■書籍
「小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル」
(スタンダーズ社 刊) 藤村しゅん 著
(Amazon中小企業経営1位)
(Amazonで藤村しゅんと検索を)

藤村しゅん

藤村しゅん

藤村しゅん藤村しゅん ビジネスモデルコンサルタント

投稿者プロフィール

■■■中小企業へのメディア出演 サポート事業
【会員様の実績】
・NHK6時のニュースなど4媒体(群馬県・ダイビングスクール)
・毎日新聞5段(神奈川県・ケーキ店)
・テレビ愛知、中日新聞など3媒体(名古屋市・ネイルサロン)
・信濃毎日新聞(長野県・ヘアサロン)
・日経新聞、北陸中日新聞(石川県・住宅販売)
・山形新聞(山形県・歯科医)
・テレビ静岡(フジテレビ系列)(静岡県・焼き鳥店)等。

■■■中小企業・個人事業主様への販促事業:
【会員様の実績】
・犬用ケーキの開発、LINEの活用で月商1.5倍(神奈川県 ケーキ店)
・1分YouTubeの大量投稿で数千万円の売上(長野県 移住不動産業)
・仕事量を半分に減らして、売上2倍(静岡県 ダイビングスクール)
・ビジネスモデルの見直し、LINE活用で売上3倍(東京都 治療院)
・動画と葉書の活用で売上2倍、退会者半減(千葉県 学習塾経営)
・動画、無料で新聞に出られる方法で年商1.7倍(函館市 貸し衣装店)
等。

■■■人気講演
■小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル
■0円で新聞TVに出て、集客アップする方法
■ネット全盛だからこそ、逆に効果が絶大!50円はがき戦略セミナー

■■■藤村しゅんのプロフィール:
著者・ビジネスモデル改善コンサルタント ・ 講演家
(「55のビジネスモデル」で売れるビジネスに変身させます)

キャンドルライト株式会社代表取締役。
神奈川県川崎市生まれ。成城大学経済学部卒。

たこ焼き店を4年間経営後、
利益が出なくなり閉店。

その後、
IT業界で12年間システムエンジニアとして、
IBMやhpのプロジェクトに従事。

そこで培ったIT技術とビジネスモデルの研究の
経験を活かして、
「ビジネスモデル改善コンサルタント兼
コピーライター」として起業。

累計3億円の販促売上を達成。

■現在はメディア出演も利用しながら
業績アップのお手伝いをする
「ビジネスモデル作り」の専門家として、
中小企業・個人事業主へのコンサルティング、
セミナーに精力的に活動中。

■著書:
「小さな会社が大きく伸びる 55の最強ビジネスモデル」(スタンダーズ社刊)はAmazon 中小企業経営部門 1位を獲得。

■経営理念:
「社会貢献型の楽しい経営者を1000人作る。
今だけ金だけ自分だけの経営者を作らない」

キャンドルライト株式会社 代表取締役
〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942
メールアドレス fujimurashun@gmail.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る